外壁塗装の金額は使う塗料しだい┃見積りを複数の業者に依頼する

車庫や納屋入口に便利

屋外

防災や防犯での役割

シャッターというと、店舗の入り口についているものや、個人の家では車庫や納戸の出入り口についているものとしての認識があります。外観のデザインや見た目で一軒家のメインに使うことはあまりありませんでしたが、最近のシャッターは様々なタイプがあり、見た目もよく機能的なものが増えています。シャッターは近年の気象変化や環境変化により、防災や防犯・災害対策の観点から見直されていて、高機能なタイプが出そろったことで雨戸のように使う家庭も増えています。またプライバシーの確保の点でもシャッターはすぐれた威力を発揮します。シャッターはその昔、力を入れて開け閉めするものでしたが、今のタイプは開け閉めもスムーズで負担がありません。

電動や風や光を調整できる

手動ならではの開け閉め時の音や、手が汚れるなどの配慮もされた今時のシャッターはとても便利になりました。また電動タイプも進化を遂げていて、工事を依頼してとりつける家庭が増えています。シャッターをすることで、台風や大雨などの天災から家を守ることが可能です。また防犯の観点から見ても効果があります。雨戸のようにシャッターをしていると、泥棒が入った場合、窓のカギとシャッターのかぎを両方開けなければ侵入ができません。またシャッターの音を気にして泥棒が侵入するのをためらう意味でも防犯としての利点が多いと思われます。昔はねずみ色などの鉄のイメージが強いものが主流でしたが、最近はカラーも豊富で家の雰囲気と容易に合わせることができて人気があります。